医学部合格への近道!大阪の少人数制予備校ランキング

絶対に医学部に入りたい人のための大阪予備校Karte

HOME » おすすめ医学部予備校の合格体験談まとめ » 国公立大合格者の声

国公立大合格者の声

ここではおすすめの医学部予備校・メディカルラボ受講生の国公立大の医学部合格体験記を紹介しています。

医学部合格体験記【国公立大編】

国公立大の医学部の難易度は非常に高く、合格するまでに必要な努力は並大抵のものではありません。

「一度は諦めた医学部に合格」(和歌山県立医科大学医学部合格)

現役のときは物理が苦手で一度は医学部を諦め、文系の私大を受験しましたが、急な方向転換もあってか失敗。

浪人してからは選択科目を生物に設定して、あらためて医学部を目指すことにしました。それまであまり勉強をしてこなかった理系科目に、朝から晩まで1日中勉強漬け。不安もありましたが、予備校の個別指導の先生がわかるまでとことんつきあってくれたので、予定よりも早く基礎を固めることに成功。

予定が早まり、余った時間を使うことでセンター試験対策をすることができ、県立の医科大学を受験することにしました。

勉強で心がけたことは、予習のときは解説をしっかりのみ込んで、そのうえでどう問題に対処しなければいけないかを考えながら解いたことでしょうか。そして、頭に浮かんだ疑問は予備校の講師の先生と一緒に解決していったことです。

その結果、入試に合格。予備校の講師の先生やスタッフさんもふくめ、サポートしてくれたみなさんのおかげです。

「夏休みの時間を有効に使って合格」(京都大学医学部合格)

勉強自体は自分でうまくペース配分してできるほうでしたが、ウィークポイントを克服するため、高校の授業のあとでメディカルラボに通っていました。

学校の授業だけでは思ったように勉強ができないことにいら立ちすら覚えていましたが、予備校では自分の勉強したいところを自分のテンポにあわせて納得できるまで学習。楽しみながら勉強をすることができました。

その効果もあって、苦手だった教科も克服。受験科目のセンター試験対策ができると思い、夏期講習にも通ったのです。

学校での勉強ができない夏休みを無駄にすることなく、効率的に入試対策できたことが合格できた要因のひとつだったと思います。

「浪人から基礎を学びなおし合格」(横浜市立大学医学部合格)

数学や物理、化学など理系科目の勉強が間に合わず、現役での受験に失敗していまいました。

そこで、同じ失敗をしないためにも、浪人してから理系科目の勉強を早めに仕上げることにしたのです。

また夏休み明けまでにはとく苦手だった化学分野の克服と、基礎の復習をこなすことも目標にし、着実に穴を埋めていくようにスケジュール立て。そして、秋場からは入試レベルの問題演習をどんどんこなして地力をつけることにしました。

その計画通りに勉強をこなしていった成果もあり、無事に試験で合格を勝ち取ることができました。

だたし、これは自分1人の力だけではなかったと思います。

メディカルラボでは、すべての受験科目で合格ラインを突破できるように指導・サポートしてもらいましたし、密度の高いマンツーマンの講義で効率よく勉強することができたおかげでもあります。

 
医学部合格への近道!大阪の少人数制予備校ランキング