医学部合格への近道!大阪の少人数制予備校ランキング

絶対に医学部に入りたい人のための大阪予備校Karte

HOME » 医学部に合格するにはこれが必要! » 勉強法

勉強法

ここでは、医学部入試に合格するための勉強法について紹介します。

医学部に合格できる勉強法のポイント

医学部入試は、一般的な文系・理系の学部にくらべ難易度が高いのはみなさんご存じのとおり。誰もが解ける問題は確実に解けるようになることはもちろんですが、周囲のライバルと同じように勉強しているだけでは合格を手にすることはままなりません。

難易度の高い勉強を効率よく勉強するにはポイントがあります。

たとえば、過去問を解くにしても去年度のものだけでは不十分。数年前までさかのぼり、受験する大学の出題傾向を分析することが大切です。そこを重点的に勉強することで勉強効率も上がります。

また、点数の取りこぼしを避けるために難易度の高い問題に割く時間を制限し、基礎問題を反復して練習することも効果的でしょう。

教科別にいえば、英語・数学は基礎がより重要となるので、この分野が「自分は弱いかな」と思う人は優先的に英数から基礎固めをしてください。

 たとえ模試で思うような点数が取れなくても、決して言い訳をしないこと。

「わかってたけど計算ミスしたから」「ド忘れして答えが出てこなかった」など、本番では一切通用しません。ダメだったらそれは実力不足だと認識し、同じ失敗を繰り返さないよう徹底的に穴を埋める勉強をしましょう。

合格者がおしえる勉強の仕方

では、医学部に合格した人はどのような勉強法をしていたのでしょうか。その一例を紹介しましょう。

国立大学医学部合格者の勉強法

勉強法・口コミ国語系の科目に弱点があったほか、数学にも時間を割きたかったので、比較的できていた英語の勉強時間をどうするかに重点をおいて勉強しました。
そこで、速読英単語や大手予備校のシステム英単語を音読し、通塾時や睡眠前の時間を使って覚えていきました。
おかげで国語の対策もしっかりできたのが勝因だと思います。

有名私立大学医学部合格者の勉強法

勉強法・口コミ苦手だった数学の基礎固めが重要だと思い、4月から9月までは予備校のテキストなどで予習・復習して基本的な部分を徹底的に練習。
基礎が固まったら徐々に演習量を増やし、実践を積んで克服した。
大学入試の過去問題を扱ったテキストは基礎がしっかり押さえられていて、解答の解説もわかりやすく使いやすかった。

難関私立大学医学部合格者の勉強法

勉強法・口コミ苦手な人も多い英語の対策として、夏までは基礎問題を徹底的に反復練習して、基礎が固まったところで夏以降に長文問題に取りかかりました。
単語力をあげるには、単語帳のほか、模試やテストに出てきた単語も1つひとつすべて学習。そのほか、必要に応じて予備校で対策講座を受けることもおすすめです。
(難関私大医学部合格)

 
医学部合格への近道!大阪の少人数制予備校ランキング